ネタバレ 映画

【ネタバレあり】豪華で個性派キャスト!「闇金ウシジマくんpart3」の感想・解説♪

2016/09/25

Pocket

スポンサーリンク


こんばんは、acoです♪

映画「闇金ウシジマくんpart3」を公開初日の、昨日22日に観に行きました♪



引用:http://eiga.com/movie/84908/


これが初めてのひとり映画デビューでした。(笑)

ちなみに私は原作は全く読んでおらず、ドラマで少し見ていたくらいです。

なぜそれで観に行ったかというと、ドラマが面白いと思ったのもありますが、1番は 好きなアイドルや俳優さんが多く出演していたからです!はい、ここに出ました ミーハー女\(^o^)/

では、レビュー始めます♪

▶︎▶︎おバカさんでもわかるあらすじ


ウシジマ(山田孝之)は、違法な高金利で金を貸す金融屋(カウカウファイナンス)。

真司(本郷奏多)は、派遣の仕事で月12万ほどの稼ぎをする ごく普通の男。
ある日、街で撮影をしていたタレントのりな(白石麻衣)を見かけるが、一生縁がなさそうな美人に肩を落としていた。そんな人生を一発逆転しようと 秒速で億単位を稼ぐ!?ネットビジネス長者・天生翔(浜野謙太)のセミナーに半信半疑で参加したことから、ウシジマのところで借金をし始める。

加茂(オリラジ藤森)は、会社の課長補佐でこちらもごく普通の男。
しかし既婚者ながら頻繁にキャバクラへ通い、キャバ嬢・花蓮(筧美和子)への貢ぎ代や、セフレ・瑠璃(岸井ゆきの)との不倫現場の口止料を払うためにウシジマのところで借金をし始める。


dollar-163473_960_720


▶︎▶︎個人的に注目した点


◆とにかくウシジマの、いつでも冷静・ポーカーフェイスでどっしり構える感は、いつ見てもかっちょいいです。(笑)

◆ウシジマの盟友である、戌亥(綾野剛)の役が独特。<駄菓子屋好きの情報屋>という妙なキャッチフレーズである。ある日の2人は、遊びたそうな小学生をよそ目に駄菓子屋のベンチに座り竹とんぼを飛ばしながら語り合うというシュールなシーンがあった。しかしガラ悪すぎ。(笑)

◆乃木坂46白石さん(りな役)ファンの私からすると、見ていたのは彼女の演技力!タレントと言ってもまだ業界に不慣れな純粋な女の子の雰囲気が良く出せているなと思いました。ファンじゃない人の視点で見ても、これから女優として十分やっていける演技力なのではないでしょうか?
真司とのキスシーンがあったり、朝ベッドから起きる時には下着姿で、その上からさっとガウンを羽織るセクシーなシーンもあって 見ている側もドキドキしました。

◆今作でかなり注目されていた最上もが(モネ役)ですが、あくまでもウシジマ率いるカウカウファイナンスの新入り受付(補助)としての出演だったためか、セリフが少ない気が。ビジュアル的にインパクトはもちろんありました。
スカジャンとか着ていて、気の強そうな見た目に仕上げていたがそういう感じの役ではなく、加茂に「くしゃみしてたからティッシュあげました」と言っていたところや、負傷した加茂がウシジマの事務所に来た際も帰り際にやさしく後ろで支えてあげるなど、謙虚でさりげなく優しい女の子の役でしたね。笑


▶︎▶︎劇場内で笑いが起きたシーンとは?


◆最初とラストにコント風の短いカットがあり、アンジャッシュ児嶋が<罰ゲームの債務者>という役柄で出演。ウシジマの事務所で「ジャンケン 壁!!」という 両手で壁を作った謎のポーズを見せ、柄崎(やべきょうすけ)らにピコピコハンマーで叩かれまくるだけの役。とにかく叩かれまくってます。劇場内でクスクス…と笑い声が聞こえたシーンでした。(笑)

◆真司が稼いでいくにあたって不可欠なのが、自分のビジネスを「紹介」していくこと。真司はネットで宣伝するだけでは全く稼げなかったので 身近な友達から誘っていくのだが、その友達らがいかにもアホな奴らばっかりなんですよね。アホな奴は、彼女も、その仲間もアホでした。全員喋り方がトロいしマヌケすぎて、劇場内がジワる。(笑)
ちなみにこのアホな彼女・モエコ役のさくらゆらさんがすごく可愛いかったので、調べてみるとセクシー女優さんでした!天生とのラブシーン(?)でポロリなどもあり過激だったのは、こういうことかと後でわかりました。

スポンサーリンク



▶︎▶︎結末は??


真司とりなとビジネスは...
◆長者の天生は稼げなかったセミナー生によって追放される。
両親の金まで奪い、仲間にも多額の借金を背負わせ信用も無くし、りなとも別れた真司は ネットビジネスから退いた後、とある農家の畑で 親子に大根の収穫を教える。そこに、決別したはずの りなが現れる。真司は新たに、農業体験ビジネスというものを始めていた。このビジネスは駆け出しで、農家の人やお客さんにダメ出しをされていたが、新しい挑戦を始めた真司を見て りなは安心した表情で帰っていった。

加茂とその女達は...
◆多額の借金と闇金からの攻撃で、身も心もボロボロになる。前々から夫の行動を不審に思っていた妻には離婚され、貢いでいたキャバ嬢の花蓮は ネイルサロン資金の200万を渡した後、すぐに行方をくらました


2273871397_040225f007_o


▶︎▶︎個人的にモヤモヤとした点


◆中盤で、女闇金(高橋メアリージュン)がギロチンでぶった切るのに使った大根。ラストの、真司が始めた農業ビジネスでの大根畑のシーン。監督は大根になにかこだわりがあるのか?

◆花織(筧美和子)は最初、りなの同級生役 として出てきたが 、その後は 花蓮として 加茂に散々貢がせたキャバ嬢という役だけで終わる。りなとの友達的な繋がりが薄かったように感じた。

◆本作と 来月公開の「the Final」は、ストーリーが繋がりそうなところはなかったが、あえてそうしたのか?
というところですかね。


▶︎▶︎最後にオススメ♪


原作やドラマを知らない人でも非常〜〜にわかりやすいストーリーとなっております。
そしてお笑い界やアイドル界から豪華俳優陣、そうそうたる豪華キャスト!
欲・愛・不倫・裏切り・・・・自己中心的なマネーゲームは、自分を取り巻く全てを崩壊させる・・・。


読んでいただき、ありがとうございます⭐︎

-ネタバレ, 映画