アーティスト/アイドル テレビ

【実在しない?】紅白歌合戦2018に初出場の「Aquours(アクア)」って誰!?

Pocket

2018年12月31日に行われる『第69回NHK紅白歌合戦』の初出場歌手にアイドルグループの「Aqours(アクア)」がいます。

Aqoursは声優9人組のアイドルグループで、アニメファンに限らず日本全国から大きな注目を集めています。今回はそんな「Aqours」について調べてみました。

スポンサーリンク

アニメ発祥のアイドルグループ

アイドルグループのAqoursですが、もともとは『ラブライブ!サンシャイン!!』というテレビアニメに登場する架空のユニットです。

劇中の設定では静岡県沼津市の小さな女子高校「浦の星女学院」のスクールアイドル部に所属する学生9名が結成したユニットで、グループ名の「Aqours(アクア)」は「Aqua」と「ours」を合わせた造語だそうです。

『ラブライブ!サンシャイン!!』は『ラブライブ!』に続く『ラブライブ!シリーズ』の第2弾として2016年から展開をはじめ、今年で2年目です。

第1弾の『ラブライブ!』は2010年から「音ノ木坂学院」を舞台に活動するスクールアイドルグループ「μ's(ミューズ)」を主人公としたシリーズで最初はアニメのファンにしか人気がなかったのですが、ライブのクオリティやアニメ自体の内容のおもしろさから、徐々に国民的人気を獲得。なんと2015年末の『第66回NHK紅白歌合戦』にはアニメの新規映像と共に担当声優が出演し、二次元と三次元の融合が実現。9人の声優が生出演するという前代未聞のステージが実現したのです。

スポンサーリンク

経済効果がすごい!

さて、そんなAqoursですが、実は第1作の『ラブライブ!』に登場した「μ's」より人気が高いのではないか、との噂があります。

第1作の『ラブライブ!』のヒットによって「実在の声優が架空のアイドルの声を吹き替えて本物のアイドル活動をする」というパッケージが受け入れられたため、Aqoursの登場する『ラブライブ!サンシャイン!!』はメディアミックスに対し積極的な姿勢が取り入れられ、日本各地および海外での単独イベント開催の他、フェス系のライブイベントやテレビ番組へも多く出演しています。

また、舞台が静岡県の沼津市という観光地だったこともあり「町おこし」の題材にも使われています。沼津市には『ラブライブ!サンシャイン!!』をモチーフにしたスタンプラリーやオリジナルグッズ、限定ライブなどが行われています。

今回のAqoursの紅白出場は、そんな根強い人気と経済効果が評価されたのではないかとされています。

 

「二次元と三次元」の融合という、これまでの紅白歌合戦にはない方法で紅白で存在感を見せつけている『ラブライブ!』のグループ。年末の活躍が楽しみですね!

スポンサーリンク

▼関連記事ーーーーーー

ーーーーーーーーーーー

お読みいただき、ありがとうございます!シェア・コメントもお気軽にどうぞ▼

-アーティスト/アイドル, テレビ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。