芸能

【IKKO&和泉元彌】チョコレートプラネットは面白くない?大ブレイクしない原因は?

2017/10/23

Pocket

どうも!acoです^^

スポンサーリンク

最近、テレビのバラエティ番組でIKKOさんと和泉元彌さんの二人組コンビをよく見ませんか?彼らはもちろん本物ではなく(汗)ものまねタレントの「チョコレートプラネット」というお笑いコンビです。

いきなりものまねメイクでテレビに出始めたので彼らの素顔をよく知らない人も多いかもしれませんね。

今回はそんな「チョコレートプラネット」の二人を調べてみました。

 

▶︎▶︎チョコレートプラネットはものまねタレント?漫才師?コント芸人?

スポンサーリンク

チョコレートプラネットのふたりは前述のとおりものまねを得意としたお笑いコンビで「長田庄平」「松尾 駿」の二人組です。2006年にチョコレートプラネットを結成しているので今年で結成11年目です。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーになります。

テレビでは長田さんが和泉元彌さん、松尾さんがIKKOさんのものまねをして出てくるのでわかりませんが、彼らの得意フィールドは「コント」でなんとコント芸人のナンバーワンを決める「キングオブコント」では2008年および2014年ではファイナリストになっています! つまりコント芸人としてはトップクラスの実力を持つコンビということになります!

 

▶︎▶︎チョコレートプラネットの芸風・特技は?

チョコレートプラネットのふたりはものまね以外にも多数の特技を持っているようです。

まず長田庄平さんは「チョコレートプラネットの頭脳」とも言える存在でネタ作りを担当しています。手先がすごく器用でコントで使う衣装や小道具も作ってしまうようです。す…すごい!

ほかにも歌がうまいほか、体力的にも恵まれていて高校時代は陸上競技の幅跳びの選手だったこともあるそうです。

続いて松尾駿さんですが、よしもとの公式HPには特技として「歌・ダンス・さざえ取り(素もぐり)」と記載しており泳ぎが得意のようです。またお笑い芸人になる前はユニクロで働いていたとのことでズボンの裾上げが3分でできてしまうらしいです。なんだか親近感がわいちゃいますね。

お笑いと直接関係ある特技かはわかりませんが結構すごい特技だと思います汗

そんな2人のネタ集はこちらから(youtube)

 

▶︎▶︎チョコレートプラネットの評価は?

前述の通り「キングオブコント」のファイナリストとなっているのでコントの技術は非常に高く審査員だった萩本欽一さんは「最近の若い笑いにしちゃ動きがわかっているね」「決勝はネタが悪くて負けちゃったけど動きはピカイチだったよ」と大御所である欽ちゃんからまさかの高評価。ほかにも有吉弘行さんからもその技術は評価されていて「すごく面白いのになんで売れないのかな」と疑問に感じていたそうです。

 

▶︎▶︎チョコレートプラネットが売れないのは名前のせい?

スポンサーリンク

引用元:http://natalie.mu/owarai/gallery/show/news_id/244120/image_id/828155

このようにいつブレイクしてもおかしくないチョコレートプラネットですが、まったく売れなかったのは何が原因だったのでしょうか?

一説によると名前が悪かったのではないか、との説があるそうです。

確かに「チョコレートプラネット」という名前はお笑い芸人のコンビ名としてはあまりに長すぎますし、オシャレすぎてちょっと覚えづらい名前かもしれません。

さらにモノマネしていない時の2人のルックスがあまりにもパッとしなく”普通”!!というのもあるかもしれません(笑)

一応の略名としては「チョコプラ」というキャッチーな呼び方があるそうですが、やっぱりまだマイナーなので略名が浸透するには時間がかかりそうですね…。

しかし業界の大物も技巧派のチョコレートプラネットを高く評価しているのでこのまま頑張れば必ず売れっ子になると思います!是非頑張って欲しいですね!

スポンサーリンク

お読みいただき、ありがとうございます!シェア・コメントもお気軽にどうぞ▼

-芸能