山下健二郎はバス釣りを愛し過ぎ?釣りのプロ志望だった?釣り行けないストレス爆発?

この記事は2分で読めます

Pocket

ファンの間では、細かすぎて伝わらない釣りモノマネで有名な三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの山下健二郎(やました けんじろう)さん。

スポンサーリンク

音楽業界の中でも無類の釣り好きとして有名ですが、いつからバス釣りを初めたの?プロ志望だったって本当?山下健二郎さんとバス釣りにまつわる情報を調べてみました♪

 

下健二郎が釣りのプロを目指してたって本当?

本当です!健二郎さんのラジオ番組や、LDHTV内でもこのことに触れていますが、デビュー前はダンサーになるかバスプロになるか本気で悩んでいた時期もあったそうです。
ダンサーかバスプロかで職業を悩む人って聞いたことない・・・分野も全然違いますし、なかなか珍しいんじゃないでしょうか(笑)

々釣りに行けないストレスが爆発するって本当!?

引用:本人インスタグラムより


本当です!健二郎さんは多忙で釣りに行けない日が続くと、自身がMCを務めるラジオ番組「山下健二郎のオールナイトニッポン」内で「釣り行きてぇ~」「ああ~…釣りに行きてぇ~」と連呼する回があったり(笑)インスタのストーリーに「釣り行きたい釣り行きたい釣り行きたい…」と呪文のような写真をアップしたり(笑)など、時々ストレスを爆発させてる時があるんです。



しかしファンはそんな健二郎さんを理解しているので、そんな日のコメント欄は「健ちゃんを釣りに行かせてあげて!笑」「どうか健ちゃんに釣り休暇を~(ToT)」といった温かいコメントで溢れかえります。




健二郎さんが釣り行けないストレスMAX期にインスタに上がるストーリーです(笑)やばいです、本気で怨念めいたものを感じます。これは定期的に釣りに行かせてあげたほうがいいですね。

スポンサーリンク

く登場する山下健二郎の師匠って一体何者?

健二郎さんがたびたび釣りの師匠として紹介している関和学(せきわ まなぶ)さんは、数社の釣りメーカーとスポンサー契約を結んでいるプロアングラーです。トーナメントで優勝経験を持つベテランの実力者であり、霞ヶ浦近郊でショップを営んでいます。健二郎さんもたまに訪れているようですね。

スポンサーリンク

下健二郎が釣り部発足?メンバーは誰がいるの?


健二郎さんはLDHTV (ファンクラブ会員専用の動画配信アプリ)で「釣り部」という番組を配信しています

三代目JSBのチャンネル開設したての頃、メンバーそれぞれが個人企画を出し、健二郎さんは「釣りの動画を配信したい」という自分得でしか無い企画を出しました(笑)見事に採用されたこの番組は、早くも第3回を迎えすっかり人気シリーズ化しています!

そもそも、健二郎さんは以前から個人的に釣りに行く仲間たちを"釣り部"と呼んでいました。メンバーはお友達や先輩などで、みなさんもともとプライベートで親交があった友人のようです。よくインスタにアップされている釣りの写真には、釣り部メンバーや、現地のガイドの方、師匠など特定の方が頻繁に写っていますね。

 

下健二郎がよく釣りに行く場所はどこ?



霞ヶ浦


本人のインスタから察するに、プライベートで訪れる釣りポイントで1番頻度が高いのは霞ヶ浦ではないでしょうか。
師匠である関和さんのショップもここ霞ヶ浦にあり、一緒に釣りをしているのも霞ヶ浦を拠点にしている仲間が多いように思います。


琵琶湖


主に関西公演で訪れることが多い琵琶湖。こちらもしばしば本人のインスタにアップされることがありますね。


スポンサーリンク

河口湖


最近の投稿は少ないものの、以前は時折訪れていた河口湖。その様子がテレビでも紹介されていましたね。当時健二郎さんのキャストフォームを見て、本当に釣りをやり込んでいる人なんだな~という印象を受けたのを覚えています。

 

[番外編]メキシコ

先日はわざわざ釣りをするだけのためにメキシコに行ってきたそうです!海外は条件が合えば、最高な環境で規格外の釣果が得られるのできっと日頃なかなか自由に釣りができない分、思う存分釣りが出来たのではないでしょうか♪

 

とめ


健二郎さんの釣り愛がめちゃめちゃ伝わってきますね(笑)釣りをしている時間は多忙な日常を忘れられる貴重な時間なんだと思います。もし偶然釣り場で健二郎さんに遭遇しても、声はかけずそっと見守るくらいにしてあげましょう。きっとその分、ベストパフォーマンスでお返ししてくれるはずです♪


スポンサーリンク

お読みいただき、ありがとうございます!シェア・コメントもお気軽にどうぞ▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー