爪に優しく発色抜群♪ 京都生まれマニキュア「胡粉ネイル」とは?

この記事は2分で読めます

Pocket

京都にある日本最古の絵具屋「上羽絵惣」さんが出しているマニキュア「胡粉(ごふん)ネイル」

爪に優しく、発色がキレイと話題沸騰中!

そんな胡粉ネイルの人気の秘密を紐解いていきます(^^)

スポンサーリンク

胡粉ネイルってなに?

そもそも胡粉とはなんでしょうか?

胡粉とはホタテの貝殻の粉末からできた顔料なんです。

酢酸エチルや酢酸ブチルなどの有機溶剤は一切使っていないので、軽い塗り心地で爪に優しく、マニキュア特有のあの臭いがありません。そして、貝殻の粉末という天然素材を使用しているので、本来マニキュアを使うことができない妊婦さんや療養中の方、爪が弱いという方も爪先のオシャレを楽しむことができちゃうんです♪

 

 

人気の秘密は、発色と速乾性!

引用元:https://www.gofun-nail.com/item/gofun-nail/japancolor

胡粉ネイルの人気の秘密は、なんといってもその高発色と速乾性。

何度も重ね塗りをしなくても、たったひと塗で十分にキレイな発色なんです。そして、ネイルが剥げて重ね塗りをしたとしても段差ができにくいから、一度全部落としてから塗りなおし…なんて面倒なことをしなくていいんですよ!

もう一つの魅力は、速乾性。

胡粉ネイルは、1~2分で乾いてしまうんです!これだけ早ければ、日替わりでネイルカラーを楽しめちゃいますね♪

また、胡粉ネイルは除光液で落とすのではなく、手などを消毒するアルコールで落とすことができるんです。このように爪に負担をかけないのも魅力の一つと言えますね♪

 

カラーバリエーションは沢山!カラー名も独特!

スポンサーリンク

胡粉ネイルには、4種類のシリーズがあります。

1つ目が「和名シリーズ」

昔から口紅や頬紅に使われてきた色名「艶紅」、清少納言の枕草子の一節に出てくる花「紫苑」など、胡粉ネイルの中で一番スタンダードなシリーズです。

2つ目が「きららシリーズ」

日本古来から存在する鉱物の名前「雲母」、平安時代に襲の色目の表現にも使われていた伝統色「金雲母撫子」など、ラメが入ったキラキラネイルのシリーズです。

3つ目が「パステルシリーズ」

甘い練乳をたっぷりかけたスイートな「いちごみるく」、清涼感溢れる爽やかな味を連想させる「ミントアイス」など、名前通りのポップなカラーが揃ったシリーズです。

4つ目が「輝かシリーズ」

淡く可憐な桃色のきらめき「桃真珠」、凛とした月の光を連想させる「月光銀」など、パールの輝きが上品な一番新しいシリーズです。

従来のシリーズ

また、夏季限定で「あめちゃんシリーズ」という夏にピッタリなみずみずしい発色が特徴のシリーズや、甘い香りを指先にまとうことができる「アロマシリーズ」も販売しているようです♪

 

その他ネイルグッズにもこだわる胡粉ネイル

引用元:https://www.gofun-nail.com/gofun-nail/nailcare

胡粉ネイルは、マニキュアだけでなくリムーバーや、やすりにもこだわっています。

専用リムーバーは100%オーガニックで、ラベンダーのいい香りがする液体タイプのものと、シートタイプのものがあります。そして柔らかい爪の方でも安心して使用できる、ガラス製の爪やすりがあります。せっかくなので、セットで使用して爪をケアするのもいいかもしれませんね♪

 

 

まとめ

とても可愛い和ネイルの「胡粉ネイル」

いかがだったでしょうか?

爪へのダメージが少なく、カラーバリエーションも豊か、白狐のレトロ可愛いラベル。是非、1つは手元に置いておきたい一品です♪プレゼントにしても喜ばれそうですね(^^)ネットや京都本店には限定色も販売されているようなので、是非チェックしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

最後までご覧いただき、ありがとうございます。シェアなどもお気軽にどうぞ!▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー