真木よう子がレプロと契約!これまでの経歴は?消えていた理由は?

この記事は3分で読めます

Pocket

9月25日、女優の真木よう子さんが芸能事務所レプロエンターテイメントとマネジメント契約を結んだことを発表しました!

スポンサーリンク

View this post on Instagram

必死のアヒル口

A post shared by 真木よう子 (@yokomaki_official) on

真木よう子さんといえば、2017年に自身のフォトマガジンを作るため800万円を目標にクラウドファンディングで制作費募集。そのフォトマガジンを毎年冬に開催される同人誌即売会「コミックマーケット」で販売しようとしたところ真木さんのTwitterが炎上。以来、芸能活動が休止となり2018年1月には当時、所属していた事務所を退社しフリーランスに。今回のレプロ所属は約8ヶ月ぶりの芸能プロ所属になります。

一体、なぜ真木よう子さんは再び芸能プロの所属となったのでしょうか。今回は真木よう子さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

木よう子さんの経歴は?

まず、真木よう子さんですが、一般的には「演技派女優」「ミステリアス」「気が強い」などのイメージが強いのではないかと思います。それもそのはず。真木よう子さんは「劇団の東大」とも称される仲代達矢さん主催の俳優養成所「無名塾」の出身なのです。

「無名塾」の出身者は真木よう子さんのほか、役所広司さん、若村麻由美さん、遠藤憲一さんといった演技派俳優を多数輩出している養成所で、学費が無料の代わりに入塾審査が非常に厳しいことで知られていて、その合格率は1000人に5人とも噂されています。

しかも無名塾は仲代達矢さんが超スパルタ主義のため、朝から晩まで公園を走らされたり、休みなくレッスンが続いたりしたそうで、辞めてしまう人も多いそうです。でも、真木よう子さんは中学卒業の15歳の頃から親の反対を押し切って無名塾に入塾。少女ながら辛いレッスンにも耐えたと言います。すでにこの頃から女優魂を感じますね。真木よう子さんのオーラが他の女優さんとちょっと違うのは、そのような事情があるためなのかもしれません。

そして何と言っても生まれながらのあの美しい顔立ちは、私たち女性から見ても憧れる方が多いのではないでしょうか?シュッと通った鼻筋に大きな瞳でハーフと間違えられてもおかしくないですね。

スポンサーリンク

Twitterを突然辞めた理由は?

さて、冒頭にも説明した「フォトマガジン事件」ですが、もう少し詳しく説明したいと思います。

真木よう子さんは2017年6月28日にTwitterのアカウントを取得。これは当時、主演を勤めていた連続ドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の宣伝のためにはじめられたもので、開設当初は『セシル』で撮影されたオフショットなどが投稿されていました。

真木さんの飾らないフレンドリーな人柄もあり、フォロワーは17万人まで増え、真木さんは一躍ネット世界でもスターになりました。ちなみに、ご自身の今までのつぶやきでは「ワロス。」や「〜ッス」「〜ナウ」など使わなさそうな語尾を使っていたり…そんなギャップに困惑するファンも多かったようです(笑)それがまた個性的で良さだと思いますね!

そんななか、8月25日、真木さんは同人誌即売会「コミックマーケット」への参加をTwitterで表明。制作費はクラウドファンディングで募ること、売るものがオールカラー320Pのフォトマガジンということで、一般的なコミケでの同人誌の提供手法と異なるとして、一部で物議を醸してしまいました。

その結果、フォトマガジンの出版はなくなり真木さんは騒動が発生したことを謝罪。Twitterアカウントは削除され真木さんはネットの世界から消えてしまいました。

その後、真木さんは体調を崩しがちになり、出演が予定されていた映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』を体調不良を理由に降板したことを発表。しばらくして所属していた芸能プロ「フライングボックス」を退社しフリーランスで女優活動を行っていくことになります。

スポンサーリンク

とめ

フリーランスの間にも真木さんは映画『孤狼の血』や『焼肉ドラゴン』といった話題作に出演してきましたが、テレビドラマ出演などはありませんでした。

しかし、今回の所属先が新垣結衣さんや長谷川京子さんのいるレプロエンターテイメントということで、再びテレビドラマに顔を出してくれることと思われます。そして、もしかしたら途中で頓挫した「フォトマガジン」もレプロの協力によって出版するかも……といった噂もあるようです。せっかくオールカラー320Pのボリュームですから、ファンの方々の期待に応えられる結果になればいいですね!

真木よう子さんの活躍にますます目が離せませんね!

スポンサーリンク

お読みいただき、ありがとうございます!シェア・コメントもお気軽にどうぞ▼

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリー