テレビ ドラマ 旬の話題 映画

TBS敏腕プロデューサー・藤井健太郎の年収は?プライベートはモテ男?芸能人並みフォロワー数のワケは?

Pocket

こんばんは!acoです^^

スポンサーリンク

10月13日、福本伸行さん作の漫画『カイジ』(講談社ヤンマガKC刊)がTBSテレビでバラエティ化されることが発表されました。

 

『カイジ』といえば「限定ジャンケン」「鉄骨渡り」といった奇想天外とも言えるギャンブルゲームの数々が見所の人気の漫画ですが、なんと今回の企画ではTBSのバラエティ班がその技術力を結集させ、それらのギャンブルを完全再現するというのです!

しかも参加者は芸能人だけではなく一般視聴者も参加可能ということで賞金として200万円が進呈される予定とのこと!これは期待しちゃいますね!

そんなバラエティ版『カイジ』の演出を行うのがTBSテレビの藤井健太郎さんという方で今、ネットではこの藤井健太郎が芸能人以上に大きな注目を集めているようです。

そこで今回は藤井健太郎さんの情報を集めてみました。

 

 

▶︎▶︎藤井健太郎の年齢や経歴は?

スポンサーリンク

引用元:http://news.mynavi.jp/articles/2015/12/30/tbsfujii/

宮川大輔に似ていると思ったのは私だけ・・・ではないはず(笑)藤井健太郎さんは本来は裏方のスタッフさんのですが、なんとウィキペディアにもページがある有名な方でした!

ウィキによると1980年4月16日の現在37歳とのことで業界から見れば「若手以上中堅未満」といったところでしょうか。

ですが、携わった番組は数多く『リンカーン』や『さんまのSUPERからくりTV』『ひみつの嵐ちゃん!』『クイズ☆タレント名鑑』『水曜日のダウンタウン』などTBSのなかでも高い人気を誇る番組のディレクターを務めています!

特に『クイズ☆タレント名鑑』は有名人にまつわる様々な問題が出題されるクイズ番組でしたが番組の見所は回答者の悪ふざけだったり芸能人への悪口だったり、普通のクイズ番組とは違う画期的な内容が話題になりました。

実は藤井さんは『クイズ☆タレント名鑑』企画をたった一人で立ち上げた人物でこの番組の成功で若手ディレクターから一気にプロデューサーへとランクアップしました!

『クイズ☆タレント名鑑』は2010年の番組なので藤井さんは当時30歳ということもありかなり若くして出世したということになりますね!

 

▶︎▶︎藤井健太郎はTBS社員? 

ウィキによると藤井さんは「立教高校、立教大学経済学部卒業後にTBSエンタテインメント(現在はTBSテレビに合併)に入社」との記述があるためフリーディレクターではなくTBSの社員ディレクターのようです。そのため手がける番組もすべてがTBSです。

ですがその手腕が話題になりTBSのサラリーマンなのにも関わらずラジオやウェブサイト、新聞に多くのインタビューが組まれるに至ります。

ついにはTBSではないラジオ局「ラジオ日本」の番組にもゲストとして呼ばれ書籍「悪意とこだわりの演出術」も出すなど芸能人顔負けの活躍ぶりとなりました。

 

 

▶︎▶︎藤井健太郎の年収は?結婚してる?

スポンサーリンク

引用元:https://qetic.jp/interview/oddjob-pickup/119185/

藤井さんが結婚されているのか、また具体的な年収がいくらかは残念ながらわかりませんでした…。

ですがTBSといえば日本人の誰もが知っている超巨大企業!噂によるとTBS社員の平均年収は平均で1400万円以上とされているので、若手プロデューサーとはいえ数々の人気番組を手がけている藤井健太郎さんの年収も1000万円以上はあるのではないか、と見られています! 大企業の社員で年収も1000万以上…プライベートではかなり女性にモテテいるのではないかと思われます。

 

 

▶︎▶︎Twitterのフォロワー数がスゴイ!

藤井健太郎ツイッターより(リンク)

 

そんな芸能人顔負けの人気者、藤井健太郎さんですがTwitterのフォロワー数も多く5万人を超えています

忙しい身かと思いますがツイート数も多く現在担当している『水曜日のダウンタウン』の裏話やこぼれ話などを結構な数をつぶやくなど、かなりのサービス精神を持ち合わせています。藤井さんは『水曜日のダウンタウン』の放送前には必ず見所や予告をツイートしてくれるので番組のファンは番組の公式Twitterと同時に藤井さんのTwitterも見逃せないといった感じではないでしょうか…?

 

 

そんな藤井健太郎さんが手がける新しいバラエティ番組『カイジ』どんな番組になるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

 

お読みいただき、ありがとうございます!シェア・コメントもお気軽にどうぞ▼

-テレビ, ドラマ, 旬の話題, 映画